中古車の査定後にもローンが残っている場合

中古自動車買取りで査定してもらったものの、まだローンが残っている場合には、売る車の所有者が誰になっているかを確認する必要があります。

自動車検査証の所有者の氏名又は名称という項目を確認すると、車の所有者が誰になっているか知ることができます。車を購入した場合、銀行等の自動車ローンを利用した場合は所有者が購入した本人になっていますが、信販会社やディーラーのクレジットを利用した場合には、所有者が信販会社やディーラーのクレジット会社になっています。

これは信販会社が融資が焦げ付いた時にすぐに自動車を担保として引き上げる事ができるように、車の所有権を自分の会社にしているためです。

自分が所有者になっている場合には中古車をすぐに売ってしまうことができますが、所有者が信販会社などの場合は自分の車ではないので勝手に売却する事が出来ません。

売却するのにローンを完済するか、組み替えをして所有権を自分に移してから売却する必要がでてきます。しかし手持ち資金がない場合にはこのような手続きをとる事ができなくなります。

そういった場合でも中古車買取り業者に依頼すれば車を売却する事ができます。車の買取価格からローンを一括返済することにして所有者を移す手続きをしてくれるため、ローンを完済しなくても車を売ることができるようにしてくれます。面倒な手続きも全て任せられるので安心です。中古車買取り会社からは査定額からローンを返済した残りの金額が支払われます。

また査定額がローン残高を下回っていて車を売却しても返済できない場合でも、中古車買取り会社で次の車を購入する場合には売却できます。

それは次の車を購入するする際に組むローンに残ったお金を組み込んで返済するように手続きしてくれるからです。"