車査定時に浅い傷は消しておく

車を中古車ディーラーに買い取ってもらう場合は車査定を行ってもらいます。この査定は厳しく行われるので、浅い傷が一つでもあれば査定結果に大きな影響を及ぼします。

必ず、車を買い取ってもらう前に小さな傷が無いかチェックして、可能であれば自分で修復しておくことが大切です。浅い傷であればコンパウンドで修復することも出来るので、割と自分で消せることが多いです。

しかし、大きな傷であれば業者に依頼して板金塗装をしてもらわなければなりません。この場合は数万円かかることもあります。車査定の前に板金塗装をして修復するのもいいですが、その塗装によって査定額がどれだけ上がるかが問題です。

修理に4万円かかったとして、修理をしたことによって査定額が2万円程度上がった場合は、2万円分の損になります。出来るのであれば、車査定を数回に分けてもらってどれだけ価格が変化するのか見てもらうことが大切です。ただし、板金塗装をすることによって修復歴有りの車になってしまいます。

修復歴があるかどうかで、車の査定額は大きく変わります。これは、修復歴が有る車は市場では高く販売出来ないからです。一般的には事故車として見られるので、好んで購入する人は非常に少ないです。その為にそれだけ価格を下げなければ買い手が見つかりません。また、査定の際には車を洗車してから持っていけば綺麗に見えて査定額が上がる場合もあります。

ただし、これは浅い傷が無い場合に限ります。洗車をすることで傷も目立ってしまい、査定額に影響します。浅い傷はタッチペンで消せるかどうかで決まります。綺麗に消せるのであれば査定額が上がる場合もありますが、下手に自分で行ってしまうと返って目立ってしまう場合があります。