2年目以降に料金が値上がりをする格安スマホ(MVNO/格安SIM)とプラン

愛犬

2年目に料金が値上がりをして驚く人、多いみたいだね。
割引の内容はわかりづらく勘違いしやすいよね。注意が必要な格安スマホについて説明していこう。

管理人

2年目に値上がりをする格安スマホと料金プランがある

格安スマホの中には2年目以降に料金が変わる、値上がりをする格安スマホもあります。
もう少し正確にいうと、1年目にのみ適用される割引が切れることで2年目に料金が上がったように感じます。
安いから契約してみたけど、2年目から料金が上がった!知らなかった!
とならないように、当サイトでご紹介している格安スマホの内、2年目以降に月額利用料金が値上がりする格安スマホとその料金プランを紹介します。

2年目に値上がりをする格安スマホ

以下3社が2年目を境に月額利用料金が値上がる格安スマホ会社となります。

  • ワイモバイル(Y!mobile)
  • UQモバイル(UQ mobile)
  • 楽天モバイル

では各社の料金プランと変動を確認していきましょう。

ワイモバイルの対象プランと月額利用料金

対象プランと月額利用料金の推移

ワイモバイルが提供しているスマホプランはS/M/Lを問わず一律2年目以降の月額利用料金が+1,000円となります。

プラン名1年目2年目3年目以降
スマホプランS1,980円2,980円2,980円
スマホプランM2,980円3,980円3,980円
スマホプランL4,980円5,980円5,980円

※表示価格はいずれも税抜き

ワイモバイルのスマホプランが2年目に値上がる理由

ワイモバイルのスマホプランには1年目のみ有効なワンキュッパ割により1,000円分の割引が適用されています。
2年目にはワンキュッパ割が適用されませんので月額利用料金が1年目に比べて+1,000円高くなります。

UQモバイルの対象プランと月額利用料金

対象プランと月額料金の推移

「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」でサービス内容は違えど料金体系は同じため、以下のようにまとめさせていただきます。
なおS/M/Lを問わず一律2年目以降の月額利用料金が+1,000円となります。

プラン名1年目2年目3年目以降
プランS1,980円2,980円2,980円
プランM2,980円3,980円3,980円
プランL4,980円5,980円5,980円

※表示価格はいずれも税抜き

UQモバイルのおしゃべり/ぴったりプランが2年目に値上がる理由

UQモバイルのおしゃべり、またはぴったりプランには以下の割引が自動で適用されます。

  • 1年目はイチキュッパ割が適用され、1,000円分の割引がされる
  • 1~2年目はスマトク割が適用され、1,000円分の割引がされる
  • 2年目以降は長期利用割引が適用され、1,000円分の割引がされる

つまり2年目にはイチキュッパ割が適用されませんので月額利用料金が1年目に比べて+1,000円高くなります。
プランSを例に図で示すと以下のようになります。

楽天モバイル

対象プランと月額料金の推移(長期割2年の場合)

楽天モバイルが提供しているスーパーホーダイは長期割2年の場合、S/M/L/LLを問わず一律3年目以降の月額利用料金が+1,000円となります。

プラン名1年目2年目3年目以降
プランS1,980円1,980円2,980円
プランM2,980円2,980円3,980円
プランL4,980円5,980円5,980円
プランLL5,980円5,980円6,980円

※表示価格はいずれも税抜き

対象プランと月額料金の推移(長期割3年の場合)

楽天モバイルが提供しているスーパーホーダイは長期割3年の場合、S/M/L/LLを問わず一律3年目以降の月額利用料金が+1,500円となります。

プラン名1年目2年目3年目以降
プランS1,480円1,480円2,980円
プランM2,480円2,480円3,980円
プランL4,480円4,480円5,980円
プランLL5,480円5,480円6,980円

※表示価格はいずれも税抜き

楽天モバイルのスーパーホーダイが3年目に値上がる理由

  • 楽天会員は2年間、楽天会員割が適用され500円分の割引が適用されているため
  • 長期割(2年)の場合、2年間は500円分の割引が適用されているため
  • 長期割(3年)の場合、2年間は1,000円分の割引が適用されているため

つまり3年目には楽天会員割と長期割が適用されませんので月額利用料金が1、2年目に比べて値上がりをします。

楽天モバイルの長期割(3年)は3年目に割引はないので要注意!

長期割3年という単語から、3年間の割引が受けられそうにも思えますがそれは誤解ですので注意してください。
長期割(3年)は3年間割引が適用される訳ではありません!
3年目には割引が外れ、通常価格が適用され月額利用料が増えますのでご注意ください。
また3年目に上記に気づき、解約しようとしても3年間の契約を全うしていないため解約する場合は違約金が発生します。
長期割(3年)を契約される場合は必ず上記を理解した上で契約されてください。

楽天モバイルの長期割(3年)はトラブルの種だとしか思えないので、あまりオススメはできません。

管理人

まとめ・総括

ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイルの3社については表示されている料金が安いからといって契約すると、2年目、3年目に「こんなはずじゃなかった」となる可能性があるため、なぜこの料金表示なのか、割引の内容などを確認してから契約するようにしてください。
なお契約満了と共に他の格安スマホに乗り換えた方がいいのか?という議論があるのはこういった背景が影響しています。
利用期間満了と共に切れるのは料金プランに対する割引だけでなく、データ容量の増量オプションなど、オプションに対する割引も切れることもあります。
個人的には2年ごとに他社へ乗り換えすることをオススメしています。
割引の適用のほか、契約時のキャッシュバックを受けられるなどの特典もあり継続するより遥かに得られる特典が大きいためです。
どうしても使い続けたい、という思いが無いようであれば割引が切れるタイミングで乗り換えを検討してみてください。

公式サイトリンク一覧