UQモバイルの9個のデメリット、欠点を解説!

とても人気かつ優良なUQモバイルにもデメリットや欠点はあります。

この記事ではデメリットの詳細や内容を紹介すると共に、こうすればデメリットではなくなるという観点で説明をしていきます。
内容を確認してみると実は影響ないのかも、と思えることもありますのでUQモバイルの契約を検討する際の参考としてみてください。

愛犬
やっぱり大手携帯会社と同等のサービスにはならないんだよね?
管理人
安い分、落とさざるを得ないサービスはあるからね…

UQモバイルのデメリット一覧

UQ mobileのデメリットを把握して対策しよう

それでは早速UQ mobileのデメリットを以下に並べてみましょう。

  • 低容量の料金プランがない
  • データ通信専用プランが廃止された
  • データ容量のシェアや譲渡ができない
  • 家族割引が廃止されてUQでんきセット割が代用された
  • 最新のiPhoneがすぐには販売されない
  • ドコモやソフトバンクのスマホが使えないことがある
  • キャリアメールが有料のオプションとなっている
  • 1日あたりのデータ容量に制限がある
  • Web申し込みの新規契約&口座振替は審査が通らない、NGとなる

デメリット①:低容量の料金プランがない

UQ mobileにはデータ容量が低容量のプランがない

UQモバイルでは一番安い料金プランであってもデータ容量は3GBからであり、それ以下のデータ容量については取り扱いがありません。
そのため他の格安スマホの最低利用料金と比べてしまうと見劣りすることは確かです。

愛犬
通話でしか携帯を触らないと言う人の場合、データ量は少なくても安いほうがいいよね?
管理人
確かにそうだね。ただ少ないデータ量にはメリットもデメリットもあるので以下を参考に注意しておこう。

低容量プランが向いている人

低容量プランは動画やネットを全く見ない電話だけを利用する方にしか向いていません

低容量プランを不満なく利用できるのは「電話しかしない」という方に限られます。

つまり動画やニュースをみたり、ゲームなどを一切やらない方は低容量の料金プランが提供されている格安SIMを契約した方が節約できます。

また動画やゲームをするのは家のWi-Fiにスマホを繋いでやっているから外ではほとんどデータ通信は発生しないという方も同様ですね。

そういった方はUQモバイルではなくmineoなどの格安SIMを軸に検討してみると良いかもしれません。

ただ先にも述べたように、他の格安SIMはデータ通信速度に不満をもたれる方も多いので、たまに使うだけとはいえ通信速度が気になる方はUQモバイルを検討しておく方が無難かと思います。

低容量プランが向かない人

通勤通学などで動画やネットをみる方には低容量プランは不向きです

少しの時間だけ動画をみたりアプリをダウンロードするとすぐにデータ容量の制限を迎えてしまい、通信が遅くなってしまいます。

またデータ容量を消費仕切ってしまった場合、追加のデータ容量を買い足す方も多く、買い足した結果月額利用料金が高くなるケースも多く見受けられます。
なお買い足す場合UQモバイルでも500:MB500円、1GB:1,000円とそれなりの価格です。

容量が足りなくなったからといって何回もチャージしてしまうと気付いたら携帯代が高くなっている、というのが低容量プランのデメリットと覚えておきましょう。

ギリギリではなくある程度余裕を持った料金プランを契約しましょう

少しデータ容量に余裕のあるプランを選ぶようにしましょう

買い足して高くなってしまうくらいならば、ある程度データ容量に余裕を持たせた料金プランを契約することをオススメしています。
まずはUQモバイルが提供しているような3GBから始め、その後利用状況に合わせて変更するのが賢いやりくりかと思います。

なおUQモバイルでは余ったデータ容量を翌月に繰り越すことが可能ですので、基本データ容量を超えた使い方をしてしまった場合でも、繰越分で賄うことも可能です。データ容量は上手に運用しましょう。

愛犬
UQモバイルなら余ったデータ容量も無駄にすることなく翌月も使えるってことだね!
管理人
データ容量の内訳や使用状況を確認するためのアプリも提供されているので月1回は確認するようにしてほしいね。

デメリット②:データ通信専用プランが廃止された

データ通信専用プランが廃止され現在は契約することができません

UQモバイルではデータ通信専用プランが提供されていましたが、2021/3/31をもって新規受付が終了となってしまいました。

速度は正直遅いけどデータ無制限で使えていたデータ無制限プランは使い勝手良かったと思うのですが…残念ですね…
今でも以下のプランを契約している方は解約してしまうと再契約できませんので注意してください。

データ高速プランいわゆるデータプランです。電話番号を持たないため通話はできません。※LINEなどのアプリ通話は可能です。
データ容量は3GB固定となっています。
データ無制限プランこちらもデータプランとなります。こちらも電話番号を持たないため通話はできません。※LINEなどのアプリ通話は可能です。
データ高速プランとは違い、データ容量は無制限となっています。
ただ注意が必要なのは、通信速度が送受信が最大500kbpsに制限されています。※動画は厳しいかもしれません。

デメリット③:データ容量のシェアや譲渡ができない

家族でもデータ容量の共有や譲渡はできない

  • 家族やグループでデータ容量をシェアして使うシェアプラン
  • 余ったデータ容量を家族やグループ間で共有する機能
  • 家族や友人にデータ容量を譲渡やプレゼントする機能

上記のようなデータ容量のシェア・共有や譲渡・プレゼントを行えるサービスはUQモバイルでは提供されていません。

このサービスが提供されていない最大のデメリットとしては、データ容量が足りなくなった時に自分で買い足し(データチャージ)をするしかないということです。
誰かからデータ容量を譲ってもらうことができればデータチャージ費用を抑えることができるので節約できますが、買い足すしかない場合は携帯代が高くなってしまいます。

愛犬
家族でUQモバイルへの乗り換えを検討している場合は大きなデメリットとなりそうだね。
管理人
そうだね。料金プランの見直しをこまめにするしかこのデメリットに対する対策はないね。

なおデータ容量の共有や譲渡に関する機能を提供している格安SIMはあります。
詳細は格安SIMのデータ容量の譲渡・共有についてまとめた記事にて紹介していますので参考にしてみてください。

デメリット④:家族割引が廃止されてUQでんきセット割が代用された

UQ mobileにも家族割引が存在していたことがありますが、今は廃止され契約することができません。

代わりにUQでんきセット割という、でんき料金の支払いもUQモバイルにまとめると家族分含めて割引が適用されるサービスが開始されました。

従来の家族割は親回線を除く子回線にのみ500円の割引が適用されるという内容でしたが、UQでんきセット割は親回線を含む全ての家族回線に対して一律500円の割引となり、一見すると良いサービスになったように思えます。

ただ電気料金をUQモバイルで支払うことにしたことによって解約が煩わしくなり、他のキャリアへ移動するのが面倒になったとも言えます。

携帯回線は定期的に乗り換えてキャッシュバックなどをもらうのがお得だと考えているので、囲い込み施策と割引をセットにされるのは正直否定的見解を持っています…

愛犬
少し手間だけどでんき料金もまとめた方が良いんだよね?
管理人
そうだね。手続きは簡単なのだけど既に他でまとめている場合にちょっと面倒だね…

でんきセット割を適用した場合の携帯代などは以下記事で詳細を説明していますので参考にしてみてください。

でんきセット割

UQモバイルでは家族割引の代わりに自宅セット割が提供されており、毎月の携帯代が割引がされるお得なサービスとなっています。ただ自宅セット割の申し込みには条件などがありますのでこの記事で紹介していきます。愛犬家族割引自体[…]

デメリット⑤:最新のiPhoneがすぐには販売されない

この記事を更新している2021/10時点ではiPhone13が発売されていますが、UQモバイル公式で販売されているのはiPhone12となります。
なおUQモバイルだけでなく格安SIM全体として、最新のiPhoneがすぐに販売されることはありません。

UQモバイルへの乗り換え・契約をする際に最新のiPhoneに変更することを検討する方にはデメリットに感じるかもしれません。

ではUQモバイルで最新のiPhoneを使うためにはどうすればいいかというと主に以下3つの方法で入手するしかありません。

  1. Apple公式で購入する
  2. 大手携帯会社で機種変更してからUQモバイルに乗り換える
  3. 中古販売店やフリマサイトで購入する

一番オススメなのはApple公式で購入することです。
理由はいわゆるSIMフリー端末なのでUQモバイル以外のキャリアでも使用できますし、市場価格も高めなので売ることもしやすいです。

2番目は大手携帯会社からUQモバイルへの乗り換えを検討されている方は機種変更してからUQを契約するのもいいですね!
機種変更の場合はクーポンなどで通常の販売価格よりかなり安くiPhoneを購入することができることがあるので、まずは一度いくらになるのか調べてから乗り換えることをオススメします!

デメリット⑥:ドコモやソフトバンクのスマホが使えないことがある

ドコモやソフトバンクからUQの乗り換える際は動作確認が必要

誤解のないようもう少し丁寧な言い方をすると、ドコモ回線やソフトバンク回線で利用していたスマホはau回線を使っているUQモバイルでは利用できないことがあります。
絶対に使えないではなく、使えないことがあるというのがこのデメリットの困ったところです。

なぜこのデメリットが発生するのかいうと、auの回線はドコモやソフトバンクの通信の仕様が異なるためです。
※細かい話になると電波の帯域などの話をしなければいけないので割愛させていただきます。

ドコモやソフトバンク回線で使えていたスマホがau回線の仕様にも適用しているのであれば、UQモバイルでもそのまま使えますが、適用していない場合にはスマホが使えません。
必ずUQ mobile公式ページにある動作確認端末一覧から、自分の持っているスマホがUQモバイルでも使えるのか確認した上で契約するようにしましょう。

愛犬
今はMNP契約する人が増えているらしいね。
管理人
そうだね。だからこそ動作確認一覧でUQモバイルでもスマホが使い続けられるか確認して欲しいね。

デメリット⑦:キャリアメールが有料のオプションとなっている

UQ mobileのキャリアメールは有料のオプションとなっている

キャリア独自のメールアドレスとは?

初めて携帯を契約される方の為に冒頭で補足しておきます。キャリア独自のメールアドレスとは、例えばドコモ(docomo)であれば「@docomo.ne.jp」という携帯会社名を表すメールアドレスのことを指します。UQモバイルでももちろんキャリア独自のメールアドレスを提供しているのですが、有料サービスであり無料で使える訳ではありません。

キャリアメールアドレスは不要!

キャリアメールではなくフリーメールを使うと便利である

先に言ってしまいますが、キャリアメールアドレスは不要です!メールが使いたいのであればGmailやヤフーメールなどのフリーメールを使うことをオススメします。理由を以下に挙げておきます。

携帯会社変えてもそのまま使える

携帯会社もそうですが、スマホ変える時にも「データを新しいスマホに移動されますか?」と聞かれてことないでしょうか。
キャリアメールを使っていると移行作業が必要となり手間です。ただフリーメールはサーバ上でデータを保持しており携帯会社がデータを持っている訳でもない為、どのスマホ、携帯会社であっても共通で使い続けることができるというメリットがあります。

無料で使える

フリーメールという名前の通り、無料で利用可能です。よほど容量の大きなメールを使ったりしない限り容量追加の必要はありません。

他のサービスとも連携しているので便利

ヤフーメールを取得するとヤフーショッピングのアカウントとしても利用可能であったり、GmailであればYouTubeと連携可能であったりと他のサービスを利用するにあたってのアカウント情報にもなります。メールだけの利用に留まらず多種多様なサービスとの連携が可能ですのでフリーメールは何かしらのタイミングで必要となります。

UQモバイルのキャリアメール詳細

キャリアメールの利用が必要な方のために以降ではUQモバイルが提供しているキャリアメールの詳細について説明していきます。

申込要否・月額利用料

申込要 / 月額200円

ドメイン

uqmobile.jp

メールアドレスの変更可否

変更可能(1日3回まで)

迷惑メール設定可否

設定可能。受信リストや拒否リストなど多様に設定が可能。

愛犬
昔は携帯を変えたからメールが消えた、連絡先がわからなくなったってことがよくあったよね。
管理人
そういったデメリットに有効な対策は、メールに限らず携帯会社に依存しないサービスを使うようにすることだね。

デメリット⑧:1日あたりのデータ容量に制限がある

UQモバイルでは1日に6GBを超えるデータ通信を行なった場合、通信速度に規制が行われることがあります。
ただしこの制約はUQmobileだけが実施していることではなく、回線を貸し出しているau(KDDI)のネットワーク設備の問題ですのでau回線を使っている他の格安SIMも同様です。

1日6GBを使うのは1日中動画をみたりしていない限りは発生しませんので、ほとんどの契約者は対象とならないデメリットです。
ただし使い過ぎには注意が必要ですので、頭の片隅にでも覚えておいていただければと思います。

愛犬
au回線ってことはUQモバイルだけじゃなくマイネオとかでも同じ制約はあるの?
管理人
そうだよ。UQだからではなくau回線だからというところに注意が必要だね。

デメリット⑧:Web申し込みの新規契約&口座振替は審査が通らない

口座振替で契約する場合は店頭で契約する必要があります

デメリットというよりは契約時の注意なのですが、UQモバイルではWeb申し込み(オンラインショップ経由の申し込み)で新規契約かつ口座振替を選択した場合に、申し込みはできるのですが審査NGとなり契約することができません。

なお今使っている電話番号を引き続き利用される方、つまりMNPでの新規契約する場合には影響はなく、オンラインショップ経由でも口座振替で契約することが可能です。

MNPという電話番号を引き継ぐサービスが提供されるようになってから、携帯電話番号を新たに取得してまで他社に乗り換えようという方は少なくなりました。
ですのでほとんどの方には影響はないとは思いますが、新たに携帯電話番号を取得した上での契約を検討されている方は注意するようにしてください。

まとめ

UQモバイルのデメリットについて解説しておきましたが、注意したり回避策を知っていれば大きなデメリットにはならないかと思います。

個人的にはデータ容量の譲渡や共有に対しての施策があるといいなとは思いますが、出てくるまでは料金プランを変更するなど柔軟に対応しようかと思います。

最後にデメリットの一覧を再掲しておきますので改めて確認するようにしてください。

  • 低容量の料金プランがない
  • データ通信専用プランは廃止された
  • データ容量のシェアや譲渡ができない
  • 家族割引が廃止されてUQでんきセット割が代用された
  • 最新のiPhoneがすぐには販売されない
  • ドコモやソフトバンクのスマホが使えないことがある
  • キャリアメールが有料のオプションとなっている
  • 1日あたりのデータ容量に制限がある
  • Web申し込みの新規契約&口座振替は審査が通らない、NGとなる
UQmobile公式ページをチェック!
本記事を読んでみて
 UQモバイルをぜひ契約したい!
 UQモバイルに興味出てきた!
と思って下さった方は以下のボタンから公式ページにアクセスしてみましょう。
なお今なら最大10,000円のキャッシュバック実施中!
この機会を逃さないようにしてください!