デメリット


楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルにおける下記デメリットについてこのページでは説明を致します。

  • 3年契約の特典が2年間の割引である
  • 回線速度が遅い
  • 取り扱い端末が多すぎて迷う
  • MNOとの差別化が今後の課題

3年契約の特典が2年間の割引である

愛犬

長期割で3年を選択したのだから、特典である割引も3年なんじゃないの?
2年間までの適用で、3年目からは長期割の適用がなくなるんだよ・・・

管理人

上記にもあるように、3年契約であっても割引は2年間の適用です。これはつまり、3年目には割引がなくなり1,000円、月額料金が上がる(元に戻る、という表現の方が正しいのですが)ということなります。なお料金が元に戻ってしまったのでお得感がなくなり、他のMVNO(格安SIM)へ・・・と考えるかもしれませんが、3年という契約期間を満了しないと違約金が発生しますので、それら全てを念頭に置いて契約するよう注意してください。

楽天モバイルはY!mobule(ワイモバ)とUQ mobileに対して施策を出しているため、2年契約の場合は他2社と同等の金額となるように、3年契約だと優位になるようにこの割引を作ったのではないかと推察します。良くも悪くもの割引だと思います。

管理人

回線速度が遅い

利用者からほぼ間違いなく上がる声が回線速度が遅く、動画はもちろんWebページ見るのも辛いことがあるです。RBBによる統計(こちらのリンク先参照)を見ていただいてもわかるように他のMVNO(格安SIM)に比べて低い数値を出していることがわかるかと思います。こうなる要因として考えられるのは、会員数が最も多いMVNO(格安SIM)であり、用意している回線帯域では十分に足りていないためだと思われます。「スーパーホーダイは、高速通信容量を使い切っても、最大1Mbpsでデータ使い放題!」という表現がよく出されますが、まずは安定して1Mbpsの速度が出る環境を構築していただきたく思います。

取り扱い端末が多すぎて迷う

愛犬

選択肢がありすぎて、どれが自分に合う端末なのかわからなくなってきた。。。
販売されてからかなり時間の経った旧い端末もあるから、販売時期も確認しなきゃいけないね。

管理人

取り扱い端末が多いということは選択肢がたくさんある!というメリットもあれば、どれを選んだらいいかわからない!というデメリットもあります。最新端末を選びたいのであれば上段にある端末から選択すれば良いのですが、ハイエンドモデル(高性能端末)もあり、かなりの金額となっているものもあります。出来るだけ上段にあるもの、かつ支払いの負担にならないものという観点でまずは探してみて、その上で自分の用途にあった端末なのかどうかを判断されると良いかと思います。また実機を触りたい場合は家電量販店や楽天モバイルショップまで行って確認するようにしましょう。

MNOとの差別化が今後の課題

愛犬

docomoやau、ソフトバンクと同じようにMNOとしても今後は携帯業界に参入するって聞いたけど、今ある楽天モバイルってどうなるの?
現時点ではなんとも言えないね。。。ソフトバンクとY!mobile(ワイモバイル)のような住み分けになるかもしれないし、MNOへの全移行も可能性としては否定できないね。

管理人

これから楽天モバイルを契約することを考えている方は「今契約したらいいのか、それとも待ったほうがいいのか」と迷う方もいるかもしれません。これについてはなんとも言えないのが正直なところです。ただMNOとして新たなサービスを開始した際に楽天モバイルの契約者に対して何かしら優遇施策はあると考えてもいいと思います。ソフトバンクとY!mobile(ワイモバイル)でのY!mobile(ワイモバイル)からソフトバンクへの移行については特別な優遇施策が展開されていますし、他MVNO(格安SIM)へ契約者が流失しないよう対策を打つのは当然かと考えます。不安なようでしたら他のMVNO(格安SIM)を検討されるのも良いかと思いますし、MNOへの転入などを見越して行動したい方は契約されると良いかと思います。

MNOとして参入することでdocomoとの関係がかなり悪化しています。(docomoは楽天モバイルに回線を貸しており、契約数も多く今後の拡大に期待していたのですが、契約者を持って行かれる可能性が大いにあるため)。docomo回線で楽天モバイルを契約されている方は今後の動向に注意をすると良いでしょう。

管理人