楽天モバイルはデビットカード払いと口座振替に対応

楽天モバイルはデビットカード払いと口座振替が使える

楽天モバイルの月々の料金はデビットや口振でも支払いが可能

楽天モバイルはクレジットカード払い以外に「デビットカード払い」と「口座振替」に対応しています。
一般的な格安スマホはクレジットカード払いにしか対応していません。クレジットカードを持つには審査が必要なので、学生や主婦などはクレジットカードを持っていない人も多いです。そういった人だと、そもそも格安スマホを申し込むこともできません。
一方、デビットカードと銀行口座は取得するのにクレジットカードのような審査が必要なく、誰でも取得可能です。
デビットカード払いと口座振替に対応している楽天モバイルは、クレジットカードを持てない人でも申し込める貴重な格安スマホです。

デビットカードが使える格安スマホはほとんどない

楽天モバイルではクレジット以外にデビットによる支払いが可能

実は、楽天モバイルのようにデビットカードが使える格安スマホはほとんどありません。
使った料金が後払いになるクレジットカードに対し、デビットカードは利用すると紐づけられた預金口座から料金が即座に引き落とされます。クレジットカードのように料金を滞納される心配がないため、取得する際に審査がありません。
ただし、審査不要で取得できるのでクレジットカードのように持っているだけでは支払い能力の証明になりません。そのため、クレジットカードはOKでもデビットカードは不可にしている格安スマホ業者が多いわけです。楽天モバイルのように公式でデビットカードが使えると明言している格安スマホはとても珍しいです。
なお、ブログやSNSなどで「○○(他の格安スマホ名)はデビットカードで登録出来た」という報告が上がることがありますが、そのほとんどは非公式な情報です。その情報を頼りに申し込んでも、結局はデビットカードが原因で審査に落とされることがほとんどです。
デビットカードで確実に格安スマホを利用したい場合は楽天モバイルがおすすめです。

無条件で口座振替が使える格安スマホも少ない

楽天モバイルでは口座振替の申込にプランや申込方法に制限がない

デビットカード払いだけでなく、無条件で口座振替が使える格安スマホも少ないです。
口座振替が使える格安スマホは他にもいくつかありますが、そのほとんどは以下のような条件がついています。

  • データSIMのみ口座振替が使える(BIGLOBEモバイルなど)
  • 電話や店舗など、ネット以外で申し込む時のみ使える(UQモバイルなど)
  • 同じ会社の光回線を契約していると使える(mineoやNifMoなど)

楽天モバイルの口座振替にはこのような条件が一切ありません。
データSIMはもちろん音声通話SIMでも申し込めますし、申し込みもクレジットカード払いと同じくネットから可能です。また、楽天モバイルの他のサービスを利用していなくても口座振替で申し込めます。

楽天モバイルのデビットカード払いの注意点

デビットカード払いはクレジットカード払いに似ていますが、以下のような注意点があります。

  • 利用できるデビットカードは楽天銀行とスルガ銀行の2種類のみ
  • 端末代およびアクセサリー代の分割払いはできない

利用できるデビットカードは楽天銀行とスルガ銀行の2種類のみ

楽天モバイルのデビットには対応していない銀行もある

楽天モバイルで利用できるデビットカードは「楽天銀行デビットカード」と「スルガ銀行デビットカード」の2種類のみです。そのほかのデビットカードは利用できません。これからデビットカードを取得する場合は楽天銀行デビットカードかスルガ銀行デビットカードにしましょう。
なお、よほどこだわりがないのであれば楽天銀行デビットカードがおすすめです。楽天銀行デビットカードは利用料金の1%分の楽天スーパーポイントが貯まります。楽天モバイル利用でも1%のポイントが貯まるので、合計すると毎月の利用料の2%の楽天スーパーポイントが貯まるようになります。

端末代およびアクセサリー代の分割払いはできない

楽天モバイルでデビットカード払いができるのは「月額料金の支払い」と「端末代/アクセサリー代の一括払い」のみです。端末代/アクセサリー代の分割払いはできません。
端末代/アクセサリー代を分割払いしたい場合はクレジットカード払いで契約するしかありません。

楽天モバイルの口座振替の注意点

口座振替の注意点は以下の通りです。

  • 毎月100円の手数料がかかる
  • 月額料金の楽天スーパーポイント支払いができない
  • 端末代およびアクセサリー代の支払いはできない
  • 口座振替で契約できるのは1人2契約まで

毎月100円の手数料がかかる

楽天モバイルの口振では手数料が発生するので注意が必要

口座振替で料金を支払う場合、月額料金とは別に100円の手数料が毎月かかります。たった100円ではありますが、無駄な料金が発生することに変わりません。
少しでも節約したいなら、ほぼ同じ仕組みで手数料がかからないデビットカード払いのほうがいいでしょう。

月額料金の楽天スーパーポイント支払いができない

支払い方法が口座振替の場合はポイントと合わせての支払いができない

口座振替では「楽天スーパーポイント払い」を使えません。
楽天スーパーポイント払いを利用すると、楽天モバイルの料金を楽天スーパーポイントで支払えます。普段から楽天のサービスを利用し、楽天スーパーポイントが貯まっている人なら楽天モバイルを無料で利用することも可能です。
しかし、楽天スーパーポイント払いが使えるのはクレジットカード払いまたはデビットカード払いのみです。クレジットカードなしで楽天スーパーポイント払いを使いたい場合はデビットカード払いを利用しましょう。

端末代およびアクセサリー代の支払いはできない

口座振替での端末代金やアクセサリ代金の支払いはできないので注意

口座振替では端末代/アクセサリー代は一括払い・分割払い問わず支払えません。端末やアクセサリーを買う場合は原則クレジットカード払いかデビットカード払いを利用することになります。
ただし、以下の方法なら口座振替でも端末代およびアクセサリー代を支払えます。

  • 代金引換で一括払い
  • 楽天スーパーポイントで一括払い

口座振替でも代金引換を利用すれば一括で端末代を支払えます。また、30,000円以下(ダイヤモンド会員は500,000円以下)であれば楽天スーパーポイントを使って一括購入することも可能です。ポイントが貯まっていない人でもコンビニで「楽天ポイントギフトカード」を購入してポイントに変換すればポイント払いで一括購入できます。
代金引換のほうが手間はかかりませんが、端末代/アクセサリー代とは別に代引き手数料がかかります。手数料を節約したい場合は楽天スーパーポイントで一括払いしましょう。

口座振替で契約できるのは1人2契約まで

口座振替での支払いの場合は2回線までしか契約できない

通常、楽天モバイルは1人あたり5回線まで契約できますが、口座振替の場合は1人あたり2回線までしか契約できません。
1人で複数の端末(サブスマホやタブレットなど)を使う場合や、家族で楽天モバイルを使う際は1人の名義で複数回線を契約することができます。とくに家族で使う場合、代表者が契約者となって家族分を契約すれば、支払いを1つにまとめられるのがメリットです。
ただし、口座振替の場合は1名義につき2契約までに制限されます。3契約以上したい場合はクレジットカード払い/デビットカード払いを利用するか、家族それぞれの名義で契約しましょう。

デビットカード払いの申し込み方法

楽天モバイルのデビットカード払いの申し込み方法はクレジットカード払いと同じです。
楽天モバイルの申し込みで「お支払い情報」まで進んだら月々のお支払いで「クレジットカード/デビットカード」を選択します。あとはクレジットカードと同様に


  • カード会社
  • カード名義人
  • カード番号
  • カード有効期限
  • セキュリティコード

を入力すればOKです。
また、すでに楽天モバイルをクレジットカード払いや口座振替で利用している人もデビットカードに変更することができます。支払い方法の変更はマイページから行います。

STEP.①
メンバーステーションにログイン

まずは楽天モバイルのマイページ「メンバーステーション」へログインしてください。

STEP.②
支払い情報変更画面に移行する

「登録情報・設定変更」の「クレジットカード情報」を選択してください。

STEP.③
デビットカードの情報を入力する

デビットカードのカード会社や名義人、カード番号などを入力すれば手続きが完了です。

口座振替の申し込み方法

口座振替を申し込む場合は楽天モバイル申し込み時の「月々のお支払い」選択で「口座振替」にチェックを入れます。その後、「口座情報登録画面へ」を押して利用する金融機関を選択します。各金融機関のサイトに移動するので、それぞれのサイトで申し込みをすれば完了です。
すでに楽天モバイルをクレジットカード払いまたはデビットカード払いで利用している場合は、契約後に支払い方法を変更することもできます。口座振替への変更も楽天モバイルのマイページから手続き可能です。


STEP.①
メンバーステーションにログイン

まずは楽天モバイルのマイページ「メンバーステーション」へログインしてください。

STEP.②
支払い情報変更画面に移行する

「登録情報・設定変更」の「口座振替情報」を選択してください。

STEP.③
金融機関の口座情報を登録

利用する金融機関を選択し「金融機関へ」を押します。各金融機関のサイトに移行するので金融機関の口座情報を登録してください。

デビットカード払いと口座振替はどちらがおすすめ?

口座振替よりデビットカードによる支払いの方が手数料などがかからず節約できる

楽天モバイルをデビットカード払いと口座振替、どちらで利用するか迷った場合は「デビットカード払い」がおすすめです。
デビットカード払いと口座振替は仕組みはほとんど同じです。しかし、デビットカード払いは口座振替と違って手数料がかかりませんし、楽天スーパーポイント支払いも利用できます。しかも楽天銀行デビットカードなら利用料100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。
口座振替は自分が持っている好きな銀行口座を使えるのがメリットですが、手数料がかかる、端末代の支払いが不可、1人あたり2契約までなどデメリットが多いです。
支払い用の銀行口座を1つにまとめたいなど、よほど理由がない限りはデビットカード払い(できれば楽天銀行デビットカード)を利用しましょう。

結論:デビットや口座振替での支払いができるのはメリットだがクレカ払いが一番お得!

楽天モバイルではデビットカード払いと口座振替が利用できます。クレジットカードを持てないという人でも、デビットカード払いか口座振替を利用すれば楽天モバイルを利用できます。クレジットカードなしで格安スマホを利用したい人は楽天モバイルでデビットカード払いか口座振替を利用しましょう。

ただ楽天モバイルをお得に使うにはポイントを加算したり、ポイントによる支払いをうまく使うことが非常に重要となります。そのためできることならば楽天カードによる支払いを選択しましょう。楽天カードを使うとお得になるのか、節約できるのかについては以下の記事で詳細を説明していますので参考にしてください。

関連記事

楽天モバイルの最大の利点はポイントの加算と支払いに使えること! 楽天モバイルの最大のメリットは楽天スーパーポイントを貯めることができたり携帯代の支払いにポイントを使えることです! 楽天市場をよく使う方、楽天カードを持っている方は楽天モバ[…]

楽天モバイルはポイントも貯まるのでお得!