楽天モバイルは楽天スーパーポイントが貯まる・使えてとてもお得!

楽天モバイルの最大の利点はポイントの加算と支払いに使えること!

楽天モバイルの最大のメリットは楽天スーパーポイントを貯めることができたり携帯代の支払いにポイントを使えることです!

楽天市場をよく使う方、楽天カードを持っている方は楽天モバイルを契約することでポイント還元率がさらに加算され、効率よくポイントを貯めることができます。ポイントの加算が増えると現金を使う割合が減りますので結果的に節約にもなります。楽天会員で楽天市場を使う方、楽天カードを持っている方はぜひこちらの記事を参考にしてほしいですね。

また貯まったポイントで月々の料金の支払いも可能です!楽天スーパーポイントが貯まったから何かに使わないと、と思ってしまう方は楽天モバイルの携帯代の支払いに使ってみてはどうでしょうか。ポイントで支払うことのできる料金についてもこの記事では説明していますのでぜひ参考にしてみてください。

楽天モバイルを利用すると楽天スーパーポイントが貯まる

月々の携帯代で楽天スーパーポイントが貯まる!

楽天モバイルを利用すると、楽天グループの共通ポイント「楽天スーパーポイント」が貯まります。

毎月の楽天モバイルの利用料100円につき1ポイント貯まるので、付与率は1%です。

例えば利用料が2,000円だった場合は20ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

ポイント付与の対象となる料金

楽天モバイルの利用料のうち、楽天スーパーポイント付与の対象となっているのは以下の通りです。

ポイント付与の対象となる料金
  • 月額基本料
  • 通話料(国際電話/ローミング含む)
  • 楽天でんわの通話料
  • SMS送受信料
  • 留守番電話
  • キャッチホン
  • 転送電話
  • ユニバーサルサービス料

月額基本料はもちろん、通話料やSMS送受信料なども対象になっています。

これ以外の端末代や事務手数料、MNP転出手数料などはポイント付与の対象外です。

月額基本料はすべてのプランのものが対象です。

通話SIMはもちろん、データSIMやSMS付きデータSIMもポイントが付与されます。

楽天カード/デビットカードなら実質2%分のポイントが貯まる

楽天モバイルを契約すると楽天市場でのポイントの加算が2倍になる!

楽天カードと楽天銀行デビットカードは利用料100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。

つまり、楽天モバイルの料金を楽天カードか楽天銀行デビットカードで支払えば、毎月の利用料の2%分のポイントが貯まります。
利用料が2000円なら20ポイント+20ポイントで合計40ポイント貯まる計算です。

通話SIMを契約すると楽天市場で貯まるポイントが+2倍

料金を楽天カードで支払うとポイントが増えるのでお得!

楽天モバイルの通話SIMを契約すると、楽天市場を利用した際に貯まるポイントが常に+2倍されます。

楽天市場では条件を満たすと買い物をしたときのポイントが最大15倍に増える「SPU」というプログラムを展開しています。

楽天モバイルの通話SIMもこのSPUの条件の1つです。楽天モバイルの通話SIMを契約することで、楽天市場利用時のポイントが+2倍になります。

普段から買い物は楽天市場で済ませるという人は、楽天モバイルを契約すればさらにお得ですね。

楽天モバイルで貯めたポイントも会員ランクアップの対象

支払いで獲得したポイントはランクアップの対象となる!

楽天モバイルの利用でもらえるポイントは楽天会員のランクアップに必要な獲得ポイントの対象になっています。

楽天会員にはシルバーからダイヤモンドまでの4つのランクがあり、半年間に獲得したポイント数と獲得回数でランクが決まります。

(ダイヤモンド会員はさらに楽天カードが必要)

シルバーランク 過去6ヶ月で200ポイント以上かつ2回以上ポイント獲得
ゴールドランク 過去6ヶ月で700ポイント以上かつ7回以上ポイント獲得
プラチナランク 過去6ヶ月で2,000ポイント以上かつ15回以上ポイント獲得
ダイヤモンドランク 過去6ヶ月で4,000ポイント以上かつ30回以上ポイント獲得かつ楽天カード所有

楽天モバイル利用で手に入るポイントもランクアップの対象なので、高いランクを目指しやすくなります。

例えば、楽天モバイルのスーパーホーダイMは月額料金が税込4,298円なので、毎月42ポイントのポイントを獲得可能です。

半年間利用すれば獲得ポイントは252、ポイント獲得数は6回となり、楽天モバイルの利用だけでシルバーランクの条件を満たします。

このほかに楽天市場で買い物や楽天カードを併用すれば、さらに高いランクを目指せますね。

楽天スーパーポイントで楽天モバイルの料金も支払える

毎月の料金をポイントでも支払えるので節約できる!

楽天モバイルでは楽天スーパーポイントで料金を支払う「楽天スーパーポイント支払い」もできます。

楽天モバイルで貯めたポイントはもちろん、その他の楽天サービスで貯めたポイントで楽天モバイルの料金を支払えます。

普段から楽天のサービスを利用し、ポイントが貯まっている人ならポイントだけで楽天モバイルの料金を支払うことも可能です。

一度に利用できるポイントの上限はダイヤモンド会員で50,000、その他の会員で30,000となっています。

楽天スーパーポイントで支払える楽天モバイルの料金

楽天スーパーポイント支払いでは、楽天モバイルの支払い方法によって支払える料金が決まっています。

クレジットカード/デビットカードで支払う場合は以下の料金を楽天スーパーポイントで払えます。

楽天スーパーポイント支払いの対象
  • 月額基本料
  • オプション料
  • 通話料
  • ユニバーサルサービス料
  • 事務手数料
  • 契約解除料
  • 端末/アクセサリー代(一括払い)

楽天モバイルに関するほぼすべての料金を支払えますね。

唯一支払えないのが、端末代/アクセサリー代を分割払いで支払うケースです。端末およびアクセサリーを分割払いで購入する場合はクレジットカードでのみ支払えます。
楽天モバイルではクレジットカード/デビットカード以外に口座振替で料金を支払うこともできます。

口座振替の場合、楽天スーパーポイント支払いができるのは一括払いの端末代/アクセサリー代のみです。月額基本料やオプション料などを楽天スーパーポイントで支払うことはできません。

楽天スーパーポイント支払いを利用する場合は、支払い方法をクレジットカードかデビットカードにしましょう。

ポイントは期間限定ポイントから優先して使われる

期間限定ポイントが通常ポイントより優先して消費される

楽天スーパーポイントには大きく分けて「通常ポイント」と「期間限定ポイント」の2種類があります。
楽天スーパーポイント支払いをする際に通常ポイントと期間限定ポイントの両方を持っている場合は期間限定ポイントが優先して消費されます。

通常ポイントは期限が1年と長く、獲得するたびに伸びていくので期限はあってないようなものです。

対して、期間限定ポイントは有効期限が固定されており、あとからポイントを獲得しても延長されません。
楽天スーパーポイント支払いは期間限定ポイントから消費されていくので、使い忘れてポイントが消失するのを防げます。

ただし、楽天モバイルの料金が確定した時点で有効期限が切れている期間限定ポイントは利用できないので要注意です。

楽天スーパーポイント支払いの利用方法

楽天スーパーポイント支払いを利用するにはあらかじめ申し込みが必要です。
申し込みは楽天モバイルの会員向けページ「メンバーステーション」からできます。

STEP.①
メンバーステーションにログイン

まずはメンバーステーションへログインしましょう。

STEP.②
楽天スーパーポイント支払い設定

「会員メニュー」→「登録情報・設定変更」→「楽天スーパーポイント支払い」の順に進みましょう。

STEP.③
支払い方法の設定

所持しているポイントの一部だけを使うか、すべてのポイントを使うかを選択しましょう。

もし途中で楽天スーパーポイント支払いをやめたくなったり、使うポイントを変更したい場合は同じ手順で「ポイントを使用しない」を選択し直せばOKです。

なお、楽天スーパーポイントの口座を楽天モバイルに登録していないと、楽天スーパーポイント支払いが利用できません。
楽天モバイルの申し込み時に楽天スーパーポイントの口座を登録していない場合は事前に口座登録をしてください。

楽天スーパーポイント口座の登録はメンバーステーションの「楽天スーパーポイント口座情報登録・変更」からできます。

また、これから楽天モバイルを申し込む場合、楽天モバイルの申し込みと同時に楽天スーパーポイント支払いの設定も可能です。

楽天モバイルの申し込みで支払い情報を入力する際に「楽天スーパーポイントのご利用設定」という項目があります。
そこでポイントを支払いに使うかどうかを選択できます。

結論:楽天モバイルの支払いは楽天カードで支払ってポイントを貯めるとお得!

楽天モバイルでは楽天スーパーポイントが貯まりますし、貯まったポイントで料金を支払うこともできます。

ポイントを貯めたい人なら楽天モバイルを利用することでさらにポイントが貯まりますし、余っている人ならスマホ代支払いをすることで大幅に節約できます。

普段から楽天のサービスを利用している人なら、スマホも楽天モバイルにするとよりお得です。