デメリット

UQ mobileのデメリット

下記のUQモバイルのデメリットについてこのページでは説明を致します。

  • 料金プランが複雑
  • 他MVNO(格安SIM)に比べて料金は若干高い
  • 低容量のプランがない
  • 他社(Y!mobile)の施策に左右される
  • 1日あたりのデータ容量に制限がある

M料金プランが複雑

愛犬

ぴったりプラン、おしゃべりプランの他にデータ高速+音声プランもあってどういうメリットがあるのかわかりづらい・・・
契約拘束期間も違いがあるし、理解するにはちょっと苦労するかもね。。。

管理人

選択肢があることももちろん嬉しいのですが、UQmobileのプランはわかりづらくもあります。以下に各プランの特徴と契約拘束期間について記載をしますので、参考にしてください。

料金プランの特徴

おしゃべりプラン国内通話が5分以内、何度でもかけ放題 ※データ容量はプランのS/M/Lで異なります。
ぴったりプラン無料通話時間が設定されています。例えばSプランですと60分/月無料となります。 ※無料通話時間、データ容量はプランのS/M/Lで異なります。
データ高速プランデータ容量3GB/月が付与されます。 データ無制限プランとの違いは、通信速度が限度を超えない限り制限がないことですね。音声通話を付ける場合、「ぴったり」や「おしゃべり」とは違い無料分はありません。
データ無制限プランデータ容量に制限がありませんが、送受信が最大500kbpsに制限されています。 ※動画は厳しいかもしれませんね。 音声通話を付ける場合、「ぴったり」や「おしゃべり」とは違い無料分はありません。

契約期間拘束の有無、内容

  • ぴったり/おしゃべりプランは24ヶ月
  • データ高速+音声通話/データ無制限+音声通話は12ヶ月
  • データ高速/データ無制限プランは契約期間拘束なし

他MVNO(格安SIM)に比べて料金は若干高い

愛犬

他MVNO(格安SIM)だと数百円から契約できるプランあるけどUQ mobileにはないの?
UQmobileは音声付きプランだと1,680円からだね。。。

管理人

UQ mobileは他のMVNO(格安SIM)とは違い、大手3キャリアと他のMVNO(格安SIM)の中間に位置するMVNOです。
その為他のMVNO(格安SIM)にはある数百円からのプランは用意されておらず、多少高くても品質・サービス面で優位なプランを提供しています。他のMVNO(格安SIM)にて、音声通話プランに無料通話のオプションを申し込んで同等にしようとすると、UQ mobileより高くなることがよくあります。
デメリットと捉えることもできますし、メリットとして捉えることもできますね。

低容量のプランがない

愛犬

データ通信はほとんどしないしたまに電話くるくらいだから、低容量のプランがいいのだけど・・・
UQ mobileは3GBからだから、他のMVNO(格安SIM)にあるような1GB以下の低容量プランはないんだよね。

管理人

音声通話だけできればいいから、もっと安くしてほしい!というのをUQ mobileでは市場動向を勘案すると実現されないと考えています。もし音声通話だけできれば、と考えている方がいるようでしたら、UQ mobile以外で検討いただいた方が良いかもしれません。ただし、最近では音声通話もLINEなどのアプリで行う人が増えていますので、ある程度データ容量を持った音声通話プランを契約するのを管理人的にはオススメします。

他社(Y!mobile)の施策に左右される

愛犬

以前、たっぷりプランってあったような・・・
思い出しちゃダメ!!

管理人

Y!mobileと競争関係にありますので、Y!mobileが新しい施策を行うと、UQ mobileもそれに追随して同様の施策を行います。その為契約時のプランの内容が契約途中で内容が変わることがあります。サービスが悪くなる変更というのはありませんが(人によるところもありますが)、新しい施策がY!mobileから発表された際はUQ mobileの動向には注意するようにしてください。

1日あたりのデータ容量に制限がある

au回線を使っているMVNO全体に言える問題です
1日に6GBを超えるデータ通信を行なった場合、通信速度に規制が行われる場合があります。これはUQ mobileが実施していることではなく、回線を貸し出しているau(KDDI)のネットワーク設備の問題です。1日に6GBを使うことはほとんどないとは思いますが、通信が遅いなと感じた際にこのことを思い出していただければと思います。