ワイモバイルはeSIMが利用可能!メリットデメリットや物理SIMとの違いを解説!

ワイモバイルではeSIMでの契約が提供されており利用可能となっています。

eSIM対応のスマホを持っていて、デュアルSIMで回線のやりくりをしたい方には嬉しいサービスですね。

ただeSIMはまだ世の中に浸透しているとは言えないため、「eSIMってなに?」「eSIMで契約した方がいいの?」など疑問、悩みを持っている方も多いと思います。

この記事ではeSIMとはどういうものなのか、またワイモバイルでeSIMを契約することのメリット、デメリットについて紹介しますので、ワイモバイルを契約、乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてください。

愛犬
eSIMって便利なの?
管理人
デュアルSIMで回線を使い分けしたい人は相当に便利だよ!

ワイモバイルで利用できるeSIMってなに?

従来スマホを買い換えたり、キャリアを変更した場合はSIMカードの差し換えが必要でした。

eSIMとは本来一体型のSIMのことを指しており、SIMカードがなくてもワイモバイルを使用することができます。

なお全てのスマホでeSIMが利用可能というわけではなく、eSIM対応のスマホを用意しておく必要があるので注意してください。

eSIMと物理SIMの違いとは?

eSIMと従来のSIMカード(物理SIM)の違いについて簡単にまとめてみました。

eSIM・ 物理SIMの差し込みが不要
・ 利用開始までが早い
・ 設定時にWiFi接続が必要
・ eSIM対応しているスマホが必要
物理SIM・ 物理SIMの差し込みが必要
・ 利用開始までがeSIMに比べて遅い
・ ほぼ全てのスマホで利用可能

デュアルSIMってなに?

eSIMを検討する上でデュアルSIMについても知っておく必要があるので解説します。

デュアルSIMとは1台のスマホに2つのSIMを設定することができることを指します。

デュアルSIM対応のスマホにSIMスロットが2つあり、1つはeSIM、1つは物理SIM、または2つとも物理SIMのどちらかです。

eSIM対応のスマホを探すとデュアルSIMという用語を目にすることになるので意味を覚えておいてください。

ワイモバイルでeSIMを契約するデメリット

eSIMを契約することで得られるデメリットについて解説していきます。
まずはデメリットを列挙してみます。

  1. eSIM対応のスマホが必要
  2. 設定時にwi-Fi環境が必要
  3. 別のスマホで回線利用するのが不便

デメリット①:eSIM対応のスマホが必要

eSIMを利用するためにはeSIM対応のスマホを持っている必要があります。

最近ではiPhoneがeSIM対応するなどeSIMの利用が可能なスマホは増えていっていますが、古いスマホでは使えないなど障壁があるので注意が必要です。

今使っている端末、または新たに購入する端末がeSIMに対応しているのか契約前に確認しておきましょう。

デメリット②:設定時にWi-Fi環境が必要

eSIMは設定する時にWi-Fi環境が必要です。

理由はeSIMの設定手順の中で認証サイトへアクセスする必要があり、インターネット接続を求められるからです。

自宅にWi-Fi環境がないという方はスタバなどのカフェ、またはコンビニなどのフリーWi-Fiを使って設定することもできます。

予めスマホをWi-Fi接続した上でワイモバイルの契約手続きをしましょう。

デメリット③:別のスマホで回線利用するのが不便

サブのスマホを持っていてSIMの差し替えをしてスマホを使い分けるという使い方をしている方もいるかと思います。

そういったスマホを複数台を持っていて1回線を使い分けている方にはeSIMは不向きです。

理由はeSIMはSIMの差し替えという概念がなく、別のスマホに回線情報を移したい場合はSIMの再発行、再設定が必要となります。

ワイモバイルでeSIMを契約するメリット

eSIMを契約することで得られるメリットについて解説していきます。
まずはメリットを列挙してみます。

  1. 契約当日に利用可能
  2. 1台のスマホで複数回線を使い分けできる
  3. 紛失や故障のリスクがない

メリット①:契約当日に利用可能

eSIM契約の場合、ワイモバイルをオンライン契約した当日に利用が可能です。

対して物理SIMの場合は契約後にSIMカードの発想を伴うため利用開始までに2,3日要します。

ワイモバイルを契約してすぐに利用開始したい人はeSIMを選択することをおすすめします!

愛犬
SIMカードは配送業者から受け取りできないとさらに利用まで時間を要するよね
管理人

メリット②:1台のスマホで複数回線を使い分けできる

デュアルSIM対応スマホをお持ちであれば、eSIMスロットにワイモバイルを設定、他のキャリア回線を物理SIMスロットに設定するなど1台のスマホで複数回線を使い分けることができます。

デュアルSIMはプライベートと仕事の電話番号や通信回線を使い分けているがスマホを2台持つのは嫌だ、1台に集約したいという方に最適なシステムです。

物理SIMスロットは他回線で使っているのでeSIMスロットにワイモバイルを割り当てたいという方はワイモバイルをeSIMで契約しましょう。

メリット③:紛失や故障のリスクがない

eSIMはSIMが端末内蔵されているため取り出すことができず、紛失や故障といったリスクがありません。

対して物理SIMは差し替えることで他のスマホでもワイモバイルを利用できるというメリットがありますが、紛失や経年劣化のリスクがあります。

物理SIMの場合は再発行手数料が必要となる、かつ届くまでに使えない期間が発生するなどeSIMに比べるとデメリットが多いですね。

ワイモバイルのeSIMに関してよくある質問

ワイモバイルでeSIMを利用するにあたりよくある質問について紹介します。
ワイモバイルの契約にあたりeSIMを検討されている方は一読しておいてください。

eSIMの契約は店頭でも可能か?

店頭契約でもeSIMを申し込むことは可能です。

オンライン契約だと手続きが難しくわからない、という方は街頭店舗や家電量販店でeSIM契約を行うと良いでしょう。

eSIMの再発行は可能か?

再発行可能です。

会員メニュー上の「eSIM再発行申し込み」から手続きすることができます。
なおMyY!mobileから手続きできなく、店頭で再発行を依頼する場合は事務手数料3,300円(税込)が発生します。

スマホを手放す時に何をすればいいの?

使わなくなったスマホをフリマサイトで売却したい、廃棄したいなどあるかと思います。

物理SIMの場合はSIMカードを廃棄すればよかったですが、eSIMの場合は設定を削除する必要があります。

スマホの初期化をすればeSIMの設定情報も消えると思いますが、不安な方は初期化後に再起動、設定情報を確認しましょう。

物理SIMからeSIMの乗り換えた後SIMカードは不要?

物理SIMからeSIMの乗り換える方もいるかと思います。
この場合、SIMカードは不要かつ利用できなくなりますので廃棄していただいて構いません。

なお念の為、SIMカードのICチップ部分をハサミなどでカットした上で捨てるようにしましょう。

まとめ:eSIM対応スマホを持っているならeSIM契約がおすすめ!

  1. eSIM対応のスマホを持っている
  2. SIMカードを差し替えることがない

この2点の条件を満たしているのであれば、ワイモバイルの契約はeSIMを選択することをおすすめします!

契約手続き後その日のうちにワイモバイルを利用することができますし、もしプロファイルの再発行が必要になっても利用できない期間無く、その日のうちに復旧することができます。

スマホが利用できない期間が発生してしまうと困る!という方には強くeSIM契約をおすすめします。

聞き慣れない単語だから抵抗あるな、今まで通りでもいいやと思っていても、今後eSIMの利用は増えていくと考えられますので今のうちに使えるようになりましょう!

愛犬
eSIMって便利なの?
管理人
デュアルSIMで回線を使い分けしたい人は相当に便利だよ!
UQmobile公式ページをチェック!
本記事を読んでみて
 UQモバイルをぜひ契約したい!
 UQモバイルに興味出てきた!
と思って下さった方は以下のボタンから公式ページにアクセスしてみましょう。
なお今なら最大10,000円のキャッシュバック実施中!
この機会を逃さないようにしてください!