Y!mobile(ワイモバイル)のデメリット

Y!mobile(ワイモバイル)のデメリット

下記のY!mobile(ワイモバイル)のデメリットについてこのページでは説明を致します。

  • データ通信のみプランに選択肢がない
  • 他MVNO(格安SIM)に比べて料金は若干高い
  • 低容量のプランがない
  • 余ったデータ容量の繰越ができない

データ通信のみプランに選択肢がない

愛犬

Y!mobileにはタブレット向けのデータ通信プランしかないんじゃないの?
データSIMプランというのが実はあるんだよ。

管理人

SIMスターターキットを購入して契約する「データSIMプラン」があり、月額980円、データ通信容量1GBという内容になっています。SIMを単体契約できるデータ通信プランはこれしかありません。SMSやY!mobile メール、さらにEnjoyパックをオプションとして利用することができますので、Y!mobile(ワイモバ)だけではなく、Yahoo!Japanのサービスをよく利用しているからその特典を使いたい!という方向けのプランだとも言えることができるかと思います。

他MVNO(格安SIM)に比べて料金は若干高い

愛犬

他MVNO(格安SIM)だと数百円から契約できるプランあるけどY!mobileにはないの?
Y!mobileは音声付きプランだと1,980円からだね。。。

管理人

UQ mobileは他のMVNO(格安SIM)とは違い、大手3キャリアと他のMVNO(格安SIM)の中間に位置するMVNO(ソフトバンクのサブブランド)です。
その為他のMVNO(格安SIM)にはある数百円からのプランは用意されておらず、多少高くても品質・サービス面で優位なプランを提供しています。他のMVNO(格安SIM)にて、音声通話プランに無料通話のオプションを申し込んで同等にしようとすると、Y!mobileより高くなることがよくあります。
デメリットと捉えることもできますし、メリットとして捉えることもできますね。

低容量のプランがない

愛犬

データ通信はほとんどしないしたまに電話くるくらいだから、低容量のプランがいいのだけど・・・
Y!mobile(ワイモバイル)は3GBからだから、他のMVNO(格安SIM)にあるような1GB以下の低容量プランはないんだよね。

管理人

音声通話だけできればいいから、もっと安くしてほしい!というのを市場動向を勘案するとY!mobile(ワイモバイル)では実現されないと考えています。もし音声通話だけできれば、と考えている方がいるようでしたら、Y!mobile(ワイモバイル)以外で検討いただいた方が良いかもしれません。ただし、最近では音声通話もLINEなどのアプリで行う人が増えていますので、ある程度データ容量を持った音声通話プランを契約するのを管理人的にはオススメします。

余ったデータ容量の繰越ができない

愛犬

家族や友人にプレゼントできないのはわかるけど、繰越しもできないの?
繰越しできないんだよね。。。そのあたり注意してプランを選択する必要があるね。

管理人

Y!mobile(ワイモバイル)では当月余ったデータ容量(パケット)を翌月に繰越すことができません。毎月余るようであればプランの見直しを行い、無駄を省くようにしましょう。
または複数回線持っている、または検討しているようであれば子回線専用のシェアプランも検討し、データ容量(パケット)のシェアも月額利用料を下げることになるかもしれません。
利用状況を鑑みて計算するのが不得意のようであれば、お近くのワイモバイルショップなどで相談するようにしましょう。

関連ページ

Y!mobile(ワイモバイル)のメリット・特徴 Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン Y!mobile(ワイモバイル)についてよくある質問