口座振替でも支払い可能、クレジットカードを持っていなくてもワイモバイルを契約できる!

ワイモバイルは口座振替で支払いができる!

ワイモバはクレジット以外に口座振替でも支払いが可能である

ワイモバイルでは月額利用料金や契約時の端末購入費について、支払い方法に口座振替を選択することが可能です!

格安スマホ会社の中には口座振替を支払い方法として利用することができないことも多いので、その点も踏まえて説明していきます。

格安スマホ各社の支払い方法

格安スマホ名 クレジットカード 口座振替 その他
UQモバイル
ワイモバイル ×
LINEモバイル
マイネオ × ×
楽天モバイル
IIJmio × ×

クレジットカード払いが各社共通で推奨される支払い方法

格安SIMの共通の支払い方法はクレジットカードである

当サイトで紹介しています格安スマホ各社においては基本的にはクレジットカードでの支払いを望んでいるはずです。

なぜクレジットカードの支払いが望まれているかというと、その理由は身元の保証と料金の徴収を確実に行うためです。きちんと支払いを行なっている方々には無縁というか迷惑な話ではありますが、不正契約や料金未納を行う方はかなりの割合でいます。

クレジットカードは審査が相応に厳格であり、また請求を代行してくれるため会社としてはどうしてもクレジットカードでの支払いをお願いしたくなります。

ワイモバイルの支払い方法について

ワイモバの携帯代の支配方法はクレジットと口座振替の2つである

ワイモバイルの各支払い方法について以下説明していきます。

クレジットカードでの支払い

契約時、また支払い方法変更での選択どちらも可能です。なおデビットカードは利用できないものと考えてください。たまに審査に通ったという記事もみますが不確かなのでオススメしません。

口座振替での支払い

ワイモバを口座振替で契約したい場合は店頭で契約する必要がある

オンラインストア(インターネット)経由での契約の場合、新規・乗り換え問わず口座振替での申し込みができません。そのためオンラインストア経由契約手続き途中で表示される支払い方法にはクレジットカードしか出てきません。

契約時に口座振替を支払い方法にしたい場合はどうすれば良いかというと、店頭での契約でしたら口座振替を支払い方法に指定することができます。

なお契約後に支払い方法を口座振替に変更することはもちろん可能です。会員ページ(My Y!mobile)から支払い方法変更をすると以下案内が表示され、資料請求を行うことができます。

また注意書きにもありますように、書類を郵送する必要があるため反映には時間がかかります。

口座振替を希望する場合は資料請求をする必要があります

実はコンビニ払いも可能!

契約後にコンビニ払いにする方法があります。

口座振替での支払い方法の解説の際、書類の郵送が必要と書かせていただきました。支払い方法を変更してから反映されるまでの間、コンビニ払いになります。つまり支払い方法を口座振替に変更し、その書類を提出しないままにするとコンビニ払いが継続されることになります。ちなみにコンビニ払いは手数料を加算されますので注意するようにしてください。以下公式ページに記載されているQAを載せておきます。

ワイモバのコンビニ払いは手数料が必要なので注意すること

まとめ・総括

ワイモバは口座振替で支払いできるので便利!

クレジットカードが嫌いだったり持てなかったりする場合に格安スマホ会社との契約に困ることも多いですが、ワイモバイルではそういった方でも口座振替を支払い方法に選ぶことで契約することができます。何点か注意しつつ手続きする必要がありますが支払い方法に選択肢があるのは嬉しいですよね。支払いが滞ると利用停止や強制解約になってしまいますので、確実に支払いができる支払い方法を選択するようにしましょう。